伊豆の中古住宅で田舎暮らし

伊豆の中古住宅で田舎暮らしをする前に

伊豆の中古住宅で田舎暮らしをする前に 自然に囲まれながら海や山が見える場所でのんびり暮らしたい人や毎日温泉を満喫したい人、家庭菜園をしたり、新鮮な野菜や魚を使っておいしい料理を作りたい人など、田舎暮らしに憧れている人に注目されているのが伊豆です。
伊豆は東京から新幹線でわずか40分ほどで行き来することができ、都心から日帰りでドライブを楽しむ人も多い人気のスポットでもあります。
海や山に囲まれているので、新鮮な魚介類や野菜などが手に入るところも魅力で、多くの人が訪れます。
青く大きく広がる海と緑の山々に囲まれた伊豆は、気候が温暖で豊富な湯量を誇る温泉がある人気の別荘地で、別荘として中古住宅を購入した後、移住してくる人も多く、伊豆別荘は、安心して田舎暮らしを楽しみたい人におすすめのエリアです。
中古住宅が、比較的豊富なので、自分の好みの家を購入する人やリーズナブルにリフォームをして、自分好みの内装にする人などが多く、価格も比較的値ごろな物が多いので、無理のない購入計画を立てることができます。
伊豆の中古住宅なら、夢の田舎暮らしを実現することができ、便利で快適な生活と自然の豊かさを満喫することを両立することができると、今とても注目のエリアです。

伊豆の中古住宅で田舎暮らしをする前に

伊豆の中古住宅で田舎暮らしをする前に 伊豆の中古住宅を買う場合、土地の坪単価がとても安いです。
特に、伊豆別荘地域ともなれば首都圏の坪単価と比べて10分の1~30分の1くらいまで坪単価が下がります。
都内から2時間半~3時間ほどの距離なので、神奈川~都内で働いていて定住している方も少なくないようです。
そんな伊豆で田舎暮らしをする前に、確認しておきたいことを2点伝えます。
まずは、別荘地域となると温泉権利付き住宅の場合もあります。
自宅に温泉なんてとても素敵ですが、月々の利用料などがかかり、馬鹿にならない金額のこともあるので確認しておきましょう。
次に、固定資産税です。
中古住宅の価格が安いからといって、飛びつくと維持のための税金が高くつくことがあります。
特に、坪単価が安いからといって広大な土地を購入すると固定資産税が跳ね上がります。
固定資産税は、登記された地目でなく、現況優先で判断されます。
地目が、税金の安い原野や山林だからといって安心せず、具体的にどの現況地目で課税されているかを確認する必要があります。
広大な土地の場合、土地が適切に分筆されているか確認する必要があります。
さすがに少ないとは思いますが、広大な土地が一筆で宅地並みに課税されているような場合は、固定資産税も驚くほどの高額になることがありますので、要確認です。

おすすめ中古住宅リンク

リノベーション実績の豊富な伊豆高原不動産、別荘情報サイト

伊豆の中古住宅はこちら